ホーム

家電量販店でのauひかりのキャッシュバックキャンペーンの内容

■家電量販店でauひかりを契約するとキャッシュバックがあるらしい

auひかりを家電量販店で契約した時にキャッシュバックなどのキャンペーン
があるそうですが、内容はどうでしょうか

auひかりは、KDDIが2010年よりその名称で始めた、光ネット通信の
サービスです。


桃太郎や浦島太郎、金太郎、かぐや姫などの昔話のキャラクターが登場する
CMでもよく宣伝しています。


auひかりを契約するには、auひかりのサイトや対応プロバイダのサイト
から、または家電量販店でも行えます。


それぞれ、キャッシュバックなどの特典があるのですが、家電量販店では
どのようなキャンペーンがあるのでしょうか。


家電量販店のサイトからでは、auひかりの契約に関するキャンペーン等の
宣伝は見当たりませんでした。
それぞれの各店舗で行っているようです。


■家電量販店のキャンペーンの内容

家電量販店でのキャンペーンの内容です。

多くの家電量販店では、auひかりを契約すると、特典があるようです。


契約の条件によりますが、1万円から4万円ほどのキャッシュバックか、または
同額くらいの店舗で使用できるクーポン券がもらえるようです。


キャッシュバックなら3カ月ほどで、指定口座に振り込んでくれます。
クーポン券ならすぐにもらえるようです。


しかし、同じ会社でも店舗により、特典の内容は変わってくるようです。


ワイモバイルなどのモバイルWiFiを契約すると、ノートパソコンなどが500円
とか1円で買うことができるなどと同じような売り方もあるようです。


ワイモバイルは最低3年間は使用しないと、解約時に違約金が発生します。
auひかりもギガ得プランやずっとギガ得プランを契約していると、2年か3年間
以内に解約すると違約金が発生します。


家電量販店で高額のキャッシュバックを受け取りたい場合は、オプションを
付加しないといけません。


また、何の確認もなしにオプションを付けられている場合があります。


ギガ得プランやずっとギガ得プランは、一戸建て専用のプランですが、一戸建て
ならば必ず契約しなければならないでしょう。


すぐに解約できないしくみを作っています。


■家電量販店での契約の問題点

家電量販店で契約を行った場合の問題点です。

家電量販店では、キャッシュバックや商品値引きなどの特典を用意して、
auひかりの勧誘を行っています。


契約すると特典はあるのですが、次のような問題があります。

①知らない間にオプションが付いている
有料のオプションを最初から付けられていることがあります。


オプションを付けないとキャッシュバックの対象外となると言われます。


オプションはすぐには外せないものもあるので、しばらくは不要でも
余分に料金を払わないといけません。


②キャッシュバックの額は多くない
家電量販店で受けられる額より多くのキャッシュバックが受けられる
ところがあります。


auひかりのサイトやプロバイダのさいとから契約を申し込むと、
家電量販店より高額のキャッシュバックが受けられます。


他回線からの乗り換えや契約者紹介などで、最高122700円の
キャッシュバックがあるようです。


■auひかりの特徴

auひかりはどのような特徴があるのでしょうか。

auひかりには、4つの大きな特徴があります。


①高速、大容量の光ネットサービス
通信速度が下り最大1GBbpsの高速通信での接続が行えます。


NTTのフレッツ光では、プロバイダ料は別料金ですが、auひかりでは
プロバイダ料も含まれた価格になっていて、少し安くなります。


現在では初期工事の費用としての最大37500円分が無料となっています。


②IP電話サービス
固定の加入電話と同レベルの品質、機能と信頼性を備えています。


月額500円で全国一律料金で電話を使用することができます。
NTTで使用している電話番号をそのまま引き継ぐことができます。


③テレビ放送のサービス
39チャンネルの多チャンネルや10000本のビデオ映像を視聴することが
できます。


④スマートバリューの適用
auのスマートフォンやタブレットといっしょに契約すると、携帯電話の
料金が値引きされます。


これらに加えて、契約時に高額なキャッシュバックもつくので、注目されて
います。

■auひかりのデメリット

auひかりにもデメリットがあります。

auひかりの現在のデメリット(欠点)です。


①対応プロバイダが少ない
現在7社しかまだ対応していません。


au one net、@nifty、DTI、BIGLOBE、So-net、
ASAHIネット、@TCOMの7社しか対応していません。


OCNやぷららなどの大きなプロバイダで、まだ対応していません。


②対応エリアが限られている。
まだ、全国の対応エリアは70%ほどです。


auひかりマンションの場合は、マンションがauひかりの回線の導入工事を
行っていないと、マンションが対応エリアであっても使用できません。


NTT以外でもインターネット契約はできる?

■インターネットはどこで契約できる?

モデムを利用したパソコン通信などの通信関係は多くの場合NTT殿契約で利用する事が
出来るようになっています。


電話回線を利用するISDNやADSLなどの回線も最初はNTT殿契約のみでした。
でも最近ではかなり多くの通信回線サービスが提供されるようになり、NTT以外の
通信会社が行っているサービスも多くなっています。


最近ではインターネット回線の主流となっている光回線にもNTT以外の提供会社が
選べるようになりました。


KDDIが行っているauひかりとSo-netが提供しているNUROがあります。
さらに地方電力会社のeo光等のサービスも利用できます。


これらのNTT以外が提供している回線は当然ですが提供会社からの申し込みで
インターネット契約が出来るようになっています。


さらに従来から利用されていた回線でもNTT以外の会社が提供するインターネットの
回線ができています。


ソフトバンクが提供するホワイトBBは電話回線を利用するADSL回線です。
これもNTT以外の会社が行っているインターネット接続サービスです。


この様に今ではかなりのインターネット契約をNTT以外で出来るようになりました。
ではそれぞれのインターネット回線の特徴などをチェックしてみましょう、


NTTと契約する場合とどのように違い、どこから契約することが出来るのかを
それぞれ調べてみました。


■それぞれのインターネット契約の方法とは?

光回線の場合、auひかりとNURO光があります。
それぞれに特徴的な光回線となっていますが、その特徴をチェックしてみます。


KDDIが行っているインターネット契約サービスのauひかりは全国対応している
ネット回線になっています。


ただし全てのエリアで利用できるわけではなく、一部地域ではNTTの回線を利用して
インターネット接続をすることもあります。


またNTTのフレッツ光に比べると対応しているプロバイダの数が少ないので
契約状況によって、乗り換える場合にはプロバイダの変更が必要になります。


ただしスマホや携帯がauの場合、割引ができるのでかなりお得になります。
通常料金でもフレッツ光よりも多少料金が低いというメリットがあります。


NUROは関東地方のみの対応エリアですが、固定回線では最速の通信速度で利用できる
インターネット回線です。


固定回線としてはかなりの通信速度で利用できるのですが、最高速度が出る状況は
限られています。


しかもインターネット回線自体ベストエフォートなのでいつでも最高速度が出る
という訳ではありません。


対応しているエリアの少ないこともあり、いまいち使いづらいという印象です。
対応地域では地方電力会社の光回線も同様です。


地方地域のみの対応エリアとなりますが、NTTの回線に比べると月額利用料が
かなり安くなります。


通信速度も安定性も同じような回線で、地方電力会社がサポートしているので
対応が素早く出来るというメリットがあります。


料金的にも安くなるので、場合によってはかなり便利な回線です。
ただし地方のエリアのみで、キャンペーン特典などはあまり期待できません。


対応しているプロバイダからはどこの回線の契約も出来ますが、光回線の場合は
回線工事が必要になることが多いので、回線提供会社からの申し込みが素早い
対応ができる方法になります。


■モバイル通信もインターネット接続が可能?

携帯電話やスマホからのインターネット接続も可能です。
この場合、当然NTT以外の回線業者殿契約をしてネットを利用しています。


NTTグループのドコモ以外にもソフトバンクやauからもネット接続が可能です。
さらにWi-Fiを利用したモバイル通信もNTT以外の契約をすることが出来ます。


イーモバイルとソフトバンクが提携してできたY! mobileや速度制限のないWiMAXは
色々なプロバイダからサービスの提供がされています。


これらのインターネット契約はプロバイダから行うことでかなりお得なキャンペーンの
利用ができるようになっています。


Wi-Fiを利用しているので回線工事の必要もなく、すぐに利用できるインターネットの
回線としても注目されています。


固定回線に比べると月額利用料も安くなりますが、安定性が固定回線よりも悪く
状況によっては回線接続ができなくなります。


電波状況によって回線速度が大きく影響され、電波が届かない場合には回線が
断線されてしまいます。


この様に色々な回線からインターネットの接続が出来る状況にあり、それぞれの契約は
NTT以外の会社から出来るようになっています。


インターネット契約はすでに選んで利用することができる助教にあります。
NTT以外の選択肢も考えてネットの接続環境を考えてはいかがでしょうか。

Return to page top