ホーム

auひかりのプロバイダで口座振替ができるところはどこ?

■auひかりの料金を口座振替で払いたい

auひかりの料金を口座振替で払いたい場合に、可能なプロバイダ
はあるのでしょうか。


口座振替とは、銀行などの金融機関の口座から、自動的に引き落とす
支払い方法です。


インターネットなどの契約では、ほとんどがクレジットカードでの支払い
の契約が行われます。


口座振替の場合では、口座に支払うための預金が無い場合は、引き落とす
ことができないからです。


クレジットカードの場合はクレジットカード会社が代替して代金を払う
システムなので、代金を受け取れないということはありませんが、
口座振替の場合は受け取れないこともあるのです。


よって、口座振替による支払いを認めていないプロバイダが多くあります。


口座振替による支払いが何回か行われないと、接続を止められてしまいます。


フレッツ光の場合は、回線料金をNTTへプロバイダ料金をプロバイダへ
別々へ支払います。


しかし、auひかりはKDDIへプロバイダ料金も含めて支払う一括支払い
の形式なので、別々に支払わなくてもよいのです。


KDDIでは、口座振替での支払いも認めています。


■KDDIの支払い方法

auひかりの料金をKDDIへ支払う方法です。


auひかりの月額料金をKDDIへ支払うには、次の3つの方法があります。


①クレジットカードによる支払い
クレジットカード会社を通しての支払いです。


一番、審査が通りやすい支払い方法です。


②口座振替による支払い
KDDIが指定している金融機関からの口座振替による支払いです。


途中で口座振替への支払いへ変更することもできますが、書類郵送での手続き
になる場合には、手続き完了まで1、2カ月かかるそうです。


auひかりの料金の支払いをクレジットカードか口座振替で契約すると、月額料金
から100円の割引き特典があります。


③コンビニ、au窓口で支払う
KDDIから送付される所定の振り込み用紙を使って、コンビニやauショップの
窓口で支払う方法です。


手数料が別途200~250円かかるようです。


auひかりを含めた固定通信サービスの料金とauスマートフォンやauケータイ
の料金をまとめて支払うことができます。


この「KDDIまとめて請求」を行うと、料金が割引きの特典やau携帯と自宅
との通信量が無料になる特典があります。


■プロバイダから料金を支払う場合

auひかりの料金をKDDIへでなくプロバイダへ支払う方法があります。

auひかりの代金を通常はKDDIへ一括で支払うのですが、プロバイダへ支払う
方法もあります。


その場合に口座振替による支払いを認めているプロバイダです。


BIGLOBE、So-net、@nifty、au one net、DTIです。


BIGLOBE、So-net、@niftyは口座振替の場合は、別途手数料
として200円かかります。


口座振替を認めていないプロバイダは、次のところです。


@TCOM、ASAHIネットです。


auひかりに対応しているプロバイダは現在、上記の7社だけです。


クレジットカードによる支払いは、全7社のプロバイダすべてで行えます。


窓口での支払いが行えるのは、au one netだけです。
別途手数料として400円かかります。


■口座振替には審査が必要

口座振替での支払いを行うには審査に通ることが必要です。


口座振替の申し込みを行うと、審査が行われて認められなければ契約
を行うことができません。


この際、審査を行うのは、引き落としを行う口座の金融機関ではなく
契約するKDDIやプロバイダが行います。


KDDI、各プロバイダごとに審査基準が少し異なるようです。


審査を行う内容としては、以下の点を調べられるそうです。


・インターネット代金に高額な未納のものがあるか。
・過去に滞納などの理由で、携帯電話を強制に解約されたことがあるか。


引き落としの口座の金融機関は、口座契約者の本人確認と引き落とし先
の調査が主な役割だそうです。
引き落とし先が不正な相手かどうかだけを調べます。


契約するプロバイダと異なるプロバイダにおいても、かつて未納などが
あったかどうかも分かるそうです。


支払い情報の共有という既定があり、携帯会社、プロバイダ、公共料金
などの未納者のリストの情報が分かるそうです。

■口座振替の契約を行ってもキャッシュバックは受けられるか

口座振替での支払いの契約を行ってもキャッシュバックの特典は受けられる
のでしょうか。

auひかりを家電量販店で契約する場合には、家電量販店が口座振替に
対応していないところが多いので、できない場合もあるでしょう。


プロバイダから申し込む場合は、プロバイダが口座振替に対応していない
と、契約できないかもしれません。


ネット代理店では、口座振替での不可はないようです。


auひかりはプロバイダ料金も一括でKDDIへ支払えるというしくみが
あるので、口座振替への障害は少ないのでしょう。


KDDIが口座振替に対応していますので。


しかし口座振替は、審査までに時間がかかるので、審査が終わるころには
キャンペーンの期間が終わっていて、キャッシュバックが受け取れないと
いうことがあるかもしれません。


契約前に確認は行った方がよいでしょう。


auひかりのキャンペーンで、価格comはやめたほうがいい理由

■価格comからauひかりを契約するとお得か?

auひかりを契約するのに価格comから申し込むとお得なので
しょうか。


インターネットのサイトの価格comは、欲しい商品の現在の最安値の
金額とそのSHOPを教えてくれます。


商品だけでなく、インターネットのプロバイダの最安値なども調べる
ことができます。


価格comからインターネットの接続を申し込むと、高額なキャッシュ
バックの特典があるようですが、申し込んでも大丈夫でしょうか。


価格comは、高額なキャッシュバックを踏まえた上での各プロバイダ
の月額料金を表示しています。


大変お得な感じはしますが、実は落とし穴があるのです。


■価格comから契約時の問題点

価格comからプロバイダを選択した場合の問題点とは何でしょうか。


価格comの高額なキャッシュバックには、以下の2つの問題点があるのです。


①キャッシュバックを受け取れる期間が長い
価格comのキャッシュバックは、10~12カ月後という相当先になって
いるのです。


しかも、キャッシュバックの手続きを行うメールが価格comから届けられて
必要事項を記述して返信しなければ、キャッシュバックを受け取れません。


返信期間が過ぎると受け取れなくなってしまいます。


10か月後なんて、キャッシュバックが受けられることすら、忘れてしまう
こともあるでしょう。


そのキャッシュバックを含めた上で月額料金を価格表示しているので、受け取ら
ないと意味がありません。


メールアドレスは最初の申し込み時のものなので、変更していると手続きメール
が受け取れないこともあります。


②オプションが付加されている場合がある
高額なキャッシュバックの特典を受けるには、プロバイダのオプションを
付けないといけない場合が多いのです。


説明している文があったとしても、小さい字で書かれていて気が付かないことも
多いので、注意しましょう。


付けられる有料オプションは、プロバイダのオプションなのですが、最初の2カ月
くらいは無料の特典を付けていることが多いのです。


よって、無料期間が終わった後に、月額料金が上がって初めてオプションが付加
されていたことに気が付くことも多いでしょう。


価格comは、欲しいものを安く手に入れることができるSHOPを探すには便利
ですが、必ずしも価格comが最安値を表示しているわけではないようです。


価格comも自社が儲けないと意味がないので、価格は変えていないでしょうが、
優遇する会社への操作を行っている部分があるのかもしれません。


価格comもネット代理店のひとつなのです。


■おすすめのネット代理店

キャッシュバックの多いネット代理店とそのキャンペーン内容と対象となる条件
です。

①レジェンド
最大75000円のキャッシュバックが受けられます。


ホームタイプでは、指定のプロバイダ+即日申し込みの契約完了の場合
のみに、70000円のキャッシュバックが受けられます。


マンションタイプでは、指定のプロバイダ+auひかり電話+即日申し込みの
契約完了の場合のみに40000円のキャッシュバックが受けられます。


auひかりの契約を他の友人などに勧めて、1人契約を行うと紹介料として
5000円受けられます。


戸建タイプの70000円と紹介料の5000円を合わせて、最大
75000円のキャッシュバックとなります。


②株式会社25(トゥエンティファイブ)


ホームタイプでは、指定のプロバイダ+ひかり電話+即日申し込みの
契約完了の場合のみに、60000円のキャッシュバックが受けられます。


マンションタイプでは、指定のプロバイダ+auひかり電話+即日申し込み
の契約完了の場合のみに30000円のキャッシュバックが受けられます。


auひかりの契約を他の友人などに勧めて、1人契約を行うと紹介料として
10000円、2人だと35000円受けられます。


③CALL FORCE株式会社(コールフォース株式会社)


ホームタイプでは、指定のプロバイダ+ひかり電話+他回線から乗り換え
の場合に、最大80000円のキャッシュバックが受けられます。


他回線からの乗り換えでなければ、30000円減額となります。
乗り換えでなく、ひかり電話を含めなければ、37000円です。


マンションタイプでは、指定のプロバイダ+auひかり電話+指定オプション
の付加の場合に最大40000円のキャッシュバックが受けられます。


他回線からの乗り換えでなければ、10000円減額となります。
乗り換えでなく、ひかり電話を含めなければ、25000円です。

auひかりの契約を他の友人などに勧めて、1人契約を行うと紹介料として
10000円、2人だと15000円、3人だと30000円受けられます。


④NNコミュニケーションズ


KDDI、プロバイダ、NNコミュニケーションズそれぞれの特典が明確に
提示されています。


3箇所の特典がすべて適応されます。


NNコミュニケーションズのキャンペーンでは以下のキャッシュバックが
あります。


ホームタイプでは、ひかり電話ありで20000円、なしで13000円
マンションタイプでは、ひかり電話ありで30000円、なしで23000円
です。


選択できるプロバイダのキャッシュバック内容です。


・BIGLOBE
ホームタイプで20000円、マンションタイプで15000円。


・So-net
ホームタイプで20000円、マンションタイプで10000円。


・@nifty
ホームタイプのみで10000円。


NNコミュニケーションズでは、プロバイダのオプションに加入しないといけない
条件はありません。


Return to page top