ホーム » KDDI au光のキャンペーン » ビックカメラでのauひかり契約のキャンペーン内容、やめたほうがいい理由とは

ビックカメラでのauひかり契約のキャンペーン内容、やめたほうがいい理由とは

■ビックカメラでauひかりを契約するとお得か?

家電量販店のビックカメラでauひかりを契約した時に、どのような
キャンペーンを行っているのでしょうか、また、やめたほうがいい
理由とは?


auひかりを契約するには親会社であるKDDIや対応プロバイダで
行う他にKDDIの代理店で行う方法があります。


KDDIの代理店には、インターネットのサイトで契約するタイプの
会社とその場で契約書を書くタイプの会社があります。


ビックカメラのような家電量販店は、店内で契約を行えることが
できる代理店です。


auひかりの開通でわからないことがあれば、店員にすぐ確認できるので
安心できるシステムと言えます。


auひかりを契約すると、代理店ではキャッシュバックなどのキャンペーン
を行っています。


その内容は、それぞれの代理店で異なっています。


ビックカメラではどのような内容のキャンペーンを行っているのでしょうか。


また、ビックカメラのような家電量販店では契約をしない方がいいと
口コミがありますが、なぜでしょうか。


■ビックカメラのキャンペーンの内容

ビックカメラでauひかりを契約した場合のキャンペーンの内容です。

ビックカメラで聞いてみたところ、ビックカメラにて商品を10000円
以上購入して、auひかりを契約すると、開通後にビックカメラの商品券を
10000円分プレゼントするという内容のようです。


一戸建ての場合、マンションの場合での区別はないようです。


ヨドバシカメラでも店舗によってキャンペーンが異なる場合があるそう
です。


auひかりを契約すると、KDDIやプロバイダからも特典があります。


これらを自社の特典と合わせて、宣伝するところも多いですが、ビックカメラ
の商品券10000円というのは、自社の特典だけを提示していると思われます。


■KDDIが行っているキャンペーン

auひかりの親会社であるKDDIが行っているキャンペーンです。

KDDIでは3つのキャンペーンを行っています。


・乗り換えサポート還元
他の回線からauひかりへ取り換える場合に、解約で発生する解約違約金を
最大30000円まで負担してくれます。


・初期工事費の割引
auひかり回線を導入の初期工事費を最大37500円まで割り引いてくれます。


乗り換えサポート還元でのキャッシュバック分はKDDIから1.5~2カ月後
に郵便為替で送られてきます。


・スマートバリューの適用
auのスマートフォンやタブレットといっしょに契約すると、携帯電話の
料金が値引きされます。


■プロバイダが行っているキャンペーン

auひかりに対応している主なプロバイダが行っているキャンペーンです。


auひかりに対応している主なプロバイダのキャンペーンです。


・So-netの場合
ホームタイプで20000円、マンションタイプで10000円のキャッシュバックを
受け取れます。


・BIGLOBEの場合
ホームタイプで20000円、マンションタイプで17000円のキャッシュバックを
受け取れます。


・@niftyの場合
ホームタイプのみが対象で、10000円のキャッシュバックが受け取れます。


・au one net
ホームタイプ、マンションタイプどちらでも、ひかり電話との契約で5000円の
キャッシュバックを受け取れます。


・ASAHIネット
ホームタイプでギガ得プランを選択した場合に月額料金が、5200円のところを
2年間2300円で使用できます。


キャッシュバックは、プロバイダへの申請が必要で、振り込まれる期間は4カ月後
くらいになります。


現在、auひかりは、au one net、@nifty、DTI、BIGLOBE、
So-net、ASAHIネット、@TCOMの7社のプロバイダしか対応していません。


■ビックカメラで契約しない方がいい理由

ビックカメラでauひかりを契約しない方がいい理由です。


ビックカメラのキャンペーンの金額は、ビックカメラの商品券10000円分です。


キャンペーンを受けるには、auひかりを契約するだけでなく、10000円
以上の商品を購入しなければいけないようです。


家電量販店では、昔インターネットを契約すると電気製品が破格で買えたり
していました。


現在もありますが、ワイモバイルの契約を同時に行うと、パソコンが500円や
1円で買えるというキャンペーンを行っています。


auひかりでも、このようなキャンペーンを行っている店舗があるかもしれません。


ただ、昔のように50000円以上の高額な値引きを行うようなキャンペーンは、
規制で行えなくなったようです。


auひかりに関しては、ビックカメラではあまり特典はつけていないようです。


もし高額なキャッシュバックがある店舗があるのであれば、以下のことに注意
しないといけません。


①オプションが付けられているか
必要なオプションなら問題ないですが、不要なオプションを付けられていた場合は
月々余分な料金を払わないといけません。


オプションは、すぐには外せない場合もあります。


②自社以外の特典が含まれていないか
前項で記述した、KDDIやプロバイダの特典を、自社が行っているように提示して
いる場合があります。


インターネットのサイトから申し込むと、30000以上のキャッシュバックが
もらえる会社もあるので、そちらの方がお得だと思われます。

最大35000円と言っても、プロバイダ側が
25000円を出し、ヨドバシカメラでは10000円分となっています。


サイトで契約するタイプの会社では、多い所では50000円というところ
があるので、10000円は少ないと判断されます。


不明なことがあれば、店員にすぐ確認できるのは強みですが、最終的には
KDDIやプロバイダに確認しないといけないかもしれません。


契約が終了してしまうと、トラブルがあればKDDIやプロバイダへ連絡
しないといけないので、代理店は関与していません。


フレッツ光加入で損しない2つの選択肢

■PS4、パソコンをオプションなしで手に入れる方法
プレステ4や新品のノートパソコンを格安
またはほぼ無料で手に入れるにはこのような
ネットの代理店を活用できます。

>>プレステ4、新品ノートPCがもらえる(オプションなし)


■とにかく高額キャッシュバック(オプションなし)をもらう方法

家電量販店でやっているキャンペーンなど、 オプションがあるとキャッシュバック額が高くても 実質もらえる額は目減りします。
オプションなしでキャッシュバックが最大のところから 申し込むべきです。

例えば下記の代理店ですが
オプションありで6万円キャシュバックよりもよほど良心的です。




オプション外しは電話したり確認の手続きがあったりと
かなり手間がかかるので注意が必要です。



↓●スマホがauならauひかりが一番やすくなります




↓●スマホがソフトバンクならソフトバンク光が一番安くなります




↓●スマホがドコモならドコモ光が一番安くなります


















関連記事

Return to page top