ホーム » 家電量販店でフレッツ光を申し込む前に確認したいこと

家電量販店でフレッツ光を申し込む前に確認したいこと

 ryouhanten.jpg

 

■家電量販店のフレッツ光キャンペーンがお得でない理由

ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
ビックカメラ
ヤマダ電機
ケーズデンキ
上新電機


このような家電量販店で、いつもやっているフレッツ光のキャッシュバック
キャンペーン。

すごい金額で宣伝していますね↓

「総額8万円キャッシュバック!」
「3万円キャッシュバック&ipadプレゼント!」
「なんと最大8万円キャッシュバック!」

 

‥でも、本当にお得なのでしょうか?
何か「怪しい」とつい疑ってしまいたくなります。

私もフレッツ光を申し込むにあたって、色々と調査した結果
をご報告したいと思います。




↓「最大●●円キャッシュバック」のサイトや家電量販店よりもお得な光のキャンペーン


■オプションが付くので実質キャッシュバック額が減る


「オプション」に注意
 

これが結構ポイントなのですが、フレッツ光の料金は下記の3本柱
の足し算でできています。

NTTのフレッツ光回線サービス + プロバイダサービス 
(+オプションサービス)


・NTTのフレッツ光回線サービス→光回線の利用料金。(月額4千円前後)
・プロバイダサービス→OCNとかBIGLOBEとかの料金です。(月額 数百円~千円)

・オプションサービス→ひかり電話とか、ひかりTV(動画サービス)
などの追加のサービスです。1個あたり月額数百円から数千円まで様々です。


実はこの「オプションサービス」に、お店側が高額なキャッシュバックを
払えるカラクリがあるのです。

 

(具体例)

仮にキャッシュバック額が5万円の場合で考えてみます。
大抵オプションサービスは7,8個つきます。
これは5万円のキャッシュバックを受け取るために必ず
契約が必要なものになります。

大雑把に1個のオプションが月額3000円としましょう。


7個のオプションだと合計月額21000円です。

つまり普通に
NTTのフレッツ光回線サービス + プロバイダサービス
の金額以外にオプションサービスが加わるので、
月額21000円を余分に払うことになるのです!

キャシュバック額は5万円でした。

・・・つまり「実質」のキャシュバック額は
5万円-21000円(オプション)=29000円
になってしまいます。。


「5万円」という数字に目がいってしまいがちです、
実際は多数のオプションサービスが契約必須なので
実際の受け取りキャッシュバック金額は
大きく目減りしてしまう、というわけですね。。

 

★オプションサービスの例
下記のようなオプションが自動的についてきます。

ひかり電話A(エース)プラン
リモートサポートサービス
フレッツウィルスクリア
フレッツスポット
ひかりTV
マイポケットプラス
安心セレクトパック


それぞれ月額数百円~数千円になります。


また、「オプションは翌月から解約すればいいですよ!」
と店員さんによくいわれるのですが、ここでも罠があります。

それは、「解約するのに、ものすごく労力がかかる。」
ということです。


すべてのサービスはそれぞれ運営会社が異なるので、
一括ですべてのオプションを解約することはできません。


そのため一個づつ解約していく必要があるのです。

・・これってすごく大変です。
電話やWEBから解約できるものならいいのですが
サービスによっては書面に記入して郵送したりと、
面倒でやってられません。。


オプションがなしでフレッツ光に入りたい、でもキャッシバックはできるだけ貰いたい
という場合はこちらのようなネット代理店がよいでしょう。

店舗を構えていない分、人件費が削減できその分キャシュバック
に還元出来るのだと思います。

もちろんオプションなしです。

 

■フレッツ光のキャンペーンのパターンは大きく2種類

家電量販店で行っているフレッツ光キャンペーンは
大きく分けて2種類あります。


①PCやゲーム機、タブレットなどモノのプレゼント特典
②現金や商品券などの還元


①については最新のノートパソコンやタブレットなどを1台
もらえます。
本当に最初からそのパソコンやゲーム機などがほしい場合は
一番メリットがあるかもしれません。

ただ、注意したいのは「発送時期」や「手続き方法」です。
「フレッツ光が開通後、○ヶ月以内に発送」
といってものや
「開通後、45日以内に、指定のメールアドレスまで申請された方のみ」
といったものがあります。

要は
・すぐもらえるわけではない(発送が数カ月後など遅い)
・手続きが(わざと?)煩雑で、最悪手続き不備でもらえない可能性がある。

というこです。。。

 

②については現金の振込、商品券の郵送、
その家電量販店でのみ使える商品券の還元、などがあります。
金額にして2万円~6万円程度です。

いわゆる「キャッシュバック」ってやつですね。
大半の人はこちらを選択する人が多いようです。
このお金で好きなものを買えますしね。


しかし、こちらも注意が必要です。
「もらえる時期と手続き方法」、「商品券の場合」、「オプション」です。


●「もらえる時期と手続き方法」
→①の商品プレゼントと同様に、遅いケースが多いです。

手続きも難しいです。
「必要書類に記入の上、当日の申込書及び本人確認書類を
指定の期日までに申し込み店舗まで~」


‥‥‥

非常に面倒かつ煩雑です!


●「商品券の場合」
JCBギフトカード、JTBギフトカードなど商品券
や郵便小為替があります。
デメリットとしては換金しづらい点です。


ギフトカードは96%で買い取ってもらえますが、
仮に5万円分だった場合、2000円分損することなります。

また郵便小為替も結構多いのでやっかいです。
これは郵便局に平日にいって、窓口で換金して貰う必要があるのです。
身分証明証がいります。
時間がいる方はいいですが、土日はやっていないので
忙しい人は難しいでしょう。


あと、商品券といっても、その家電量販店で「しか」使えない
ものもあります。
要は、使うなら自分のお店で買ってね、ということで
ある意味商売上手ですね(笑)

 

■一番得するフレッツ光の契約方法


私が選択したのは
オプションが自動的につかず、
キャッシュバックしてもらえるフレッツ光のネット代理店です。


オプション解約ともらえる金額を天秤にかけた結果
この代理店で契約するのが一番賢いと考えました。

キャッシュバックの額も、家電量販店でやっているもの
と大差ありませんでしたので。


その代理店はこちらになります。

>>オプション条件無しでも高額キャッシュバック



キャッシュバックの時期も早いのでこちらで決めました。
もしよかったらご参考にしてください。



 

フレッツ光加入で損しない2つの選択肢

■PS4、パソコンをオプションなしで手に入れる方法
プレステ4や新品のノートパソコンを格安
またはほぼ無料で手に入れるにはこのような
ネットの代理店を活用できます。

>>プレステ4、新品ノートPCがもらえる(オプションなし)


■とにかく高額キャッシュバック(オプションなし)をもらう方法

家電量販店でやっているキャンペーンなど、 オプションがあるとキャッシュバック額が高くても 実質もらえる額は目減りします。
オプションなしでキャッシュバックが最大のところから 申し込むべきです。

例えば下記の代理店ですが
オプションありで6万円キャシュバックよりもよほど良心的です。




オプション外しは電話したり確認の手続きがあったりと
かなり手間がかかるので注意が必要です。



↓●スマホがauならauひかりが一番やすくなります




↓●スマホがソフトバンクならソフトバンク光が一番安くなります














関連記事

Return to page top